kanta Log

その後のかんた【日常篇】

資格取得!?

ども、かんたです。

 

身体のアチラコチラが痛い私です (+_+)

ついでに財布には激痛が・・・

(そんな事聞いてない! って言わないでね)

 

全く異業種の資格の取得をしないと新しく考えている仕事を始めることが出来ないようです。

「よっ! 支部長」

なんて煽てられその気になった私が悪いのでしょうか?

まだまだ、あやふやな点が多数あり、新しい仕事の事を詳しく書くことが出来ません。

  1. 新しく開業するには〇〇の資格が必要。
  2. TさんからRさんへ一緒にやろうと持ちかけられる。
  3. Rさんから私は誘われる。
  4. Tさんが開設準備を進めながら定期的にR さんへ報告がある
  5. Rさんから不定期に私に経過連絡がある。
  6. 必要な資格を持っている人と一緒にやることが決まった。
  7. 開業の申請を出した(らしい・・・)
  8. T &Rの打合わせで日給8,000円程度でその人について勉強するよう指示有。
  9. 1年で学べ。(その人の知識・技術の全てを盗め)
  10. 開業は大阪府。(その後、兵庫県等々への支部開設はRが主導権を握るつもり)

私が把握出来ている経過は以上。

すべてRさんから、この時点でTさんとは一度も会っていません。

 

資格取得が嫌なのではなく、このままこの流れに乗って大丈夫なのかが不安です。

TさんもRさんも本業があります。

あくまで副業です。

もうひとりの人の事は何も解りませんが(おそらくR さんも)

全く収入がないのは私だけだと思います。

 

別にもう1つある仕事の件もRさんの本業の延長線にあるものです。

もうお気づきだと思いますが、Rさんの考え方次第で全てが変わるのです。

現在、Rさんはようやく自宅の引越しの荷物移動を完了させたトコロ

業者に依頼せず全て御本人がやってます。

今日明日あたりから家具の製作を始めると思います。

そんな状況なので新しいことはどうしても後回しです。

 

私の身体の事を思い手を差し伸べていただいている事は事実です。

そのお気持ちには感謝していますが、おんぶにだっこ状態でレールを敷いてくれるのをただただ待機。

そして敷かれたレールの上を正しく走れる身体でいつまでいられるかも不透明。

転移・再発等の歓迎できない事が起こると、医療費が馬鹿にならない。

失礼ながらRさんの懐事情は全く余裕がありません。

 

非常に悩ましいです。

大金を稼いで贅沢をしたいとは思っていません。

必要最低限の稼ぎで充分です。

でも、このまま走り出して、必要最低限の収入が本当に得られるのかが疑問です。

夢を追うには歳をとりすぎました。。。

はたして私に明るい未来は訪れるので有りましょうか?

 

かんたの離職日まであと2日です。

f:id:nearkanta:20190409135126j:plain

 

そんなこんなを考えながら診察を受けてきます。

15時30分からの予約です。